黒ずんだニキビの適切な治療方法

黒ニキビはすぐにケアして悪化を防ぐことが大事

黒ニキビが気になっている人は少なくないでしょう。
思春期のニキビは、成長に伴うホルモンバランスの乱れが原因で発生しますから、時間がたち、ホルモンバランスが正常に回復すれば、ニキビも自然に解消します。
ところが大人になってからできるニキビは、肌の乾燥を初めとする、様々な原因がからみ合って起こります。
ですから時間がたってもなかなか改善せず、治ったと思ったらまたできるくり返しを続けがちです。

 

黒ニキビはニキビの第2段階で、まだ初期症状といえるところです。
黒ニキビの段階で適切なケアを行えば、ニキビの悪化をふせぎ、解消することが可能です。
しかし黒ニキビの段階でのケアを怠ると、ニキビは第3段階である赤ニキビや、さらに場合によっては、第4段階の黄ニキビへと悪化します。
黄ニキビまで悪化してしまうと、ニキビが治っても醜いニキビ跡が残り、ニキビ跡を解消するには長い時間と労力がかかることになります。

 

黒ニキビをケアするためにまず効果があるのは、間違った洗顔を改めることです。
洗顔フォームの刺激や、間違った洗顔方法により、黒ニキビが悪化することは少なくありません。
また乾燥を防ぐために保湿力の高い化粧水を使い、さらにビタミンCを含んだ美容液でケアすることが、黒ニキビを改善するためには効果があります。

 

そのほかきちんと睡眠を取ること、バランスのとれた食事を取ること、さらにはストレスを解消するなど、生活習慣の改善も、黒ニキビのケアには効果があります。